« 炭水化物ダイエット | トップページ | 羽子板を買いに・・・ »

2008年12月15日 (月)

お金持ちがいくら論じても景気が良くなるわけがない!

世の中には・・・2種類の人間しかいない。

上場企業や公務員の人(Aさん)と
中小企業の社員や派遣で生きている人(Bさん)しかいない。

Aさんは景気が悪かろうがほぼ前年並みの年収が約束されている。
こういう人たちは・・・
景気動向に限らず必要なものを必要なときに購入できる
個人消費に何の影響も与えない人たちです。
だから、いくらお金を渡しても貯蓄に回ってしまいます。

Bさんは景気が悪くなると給料が減り、派遣だったら簡単に切られる。
こういう人たちは、、労組も何もないから
あっさりボーナスカットや給料カットで
当然、欲しい物が買えなくなる。
いくらお金があっても足りない人たちですから
この人たちにお金を渡せばすぐに個人消費につながります。

要するに、不景気になると言うことは
Bさんが、生活するのに精一杯で
他にお金を使う余裕がないということですよね?

誰を救うべきかは一目瞭然なんですけどね~・・・

オレだったら・・・

6兆円の予算で・・・
10万社の中小企業と100万人のワーキングプアを救えるんだけど・・・

まず中小企業で20年以上事業を継続している主に製造業に対して
3000万円を無利息融資する。そして1年間は返済猶予期間を設けて
最長30年で返済するようにする。
これで予算たったの3兆円で10万社が救える!!

さらに個人では30歳以上で年収400万以下の中小企業
または派遣や勤労意欲のある無職に対し
300万円を無利息で返済猶予2年の最長20年で
返済する融資を行う。
これで予算3兆円で100万人もの人が救える。

10万社が救えるとなると平均50人の企業として
500万人の雇用が守れることになる。
さらに、そのお金で銀行融資の返済に使ったりすることで
銀行の体力アップにつながるし、不良債権も激減するだろう。

個人の場合も同じで、おそらく借金してる人は返済にまわし
買えなかった物を買い個人消費が飛躍的に伸びるのではないだろうか?

その段階で、新たな経済社会の構築や構造改革を行うことによって
持続可能な社会経済が成り立つ仕組みを考えればいいと思うのだけど?

どうせ26兆円の経済対策とか言って
たいした効果もなくどぶに捨てるようなものなんだから
6兆円の融資だって半分も戻ってくればいいでしょ?

さらに雇用対策として・・・
公務員の年齢制限を撤廃し、中途雇用を拡大する。
自衛隊、海保などの定員を増やす。
介護一般職を準公務員並みにする。

これでどうよ!?

要するに・・・1万ぽっちのはした金なんていらねーから
がんばってもどうしようもない人限定で
大量の金を供給しろってーの!

|

« 炭水化物ダイエット | トップページ | 羽子板を買いに・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金持ちがいくら論じても景気が良くなるわけがない!:

« 炭水化物ダイエット | トップページ | 羽子板を買いに・・・ »