« 蕎麦きり「山都」 笠間 | トップページ | 笠間稲荷神社 »

2010年5月26日 (水)

キセキの湖「ふじみ湖」

と言うわけで、今回は「ふじみ湖」について
少し、ご紹介したいと思います。

とは言っても、ほとんどの人がふじみ湖なんて
聞いたことないでしょうし、ナニそれ?って感じでしょう。
茨城県に住んでても、知ってる人はかなり
少ないんじゃないでしょうか・・・?
理由は簡単です。

湖として認知されていた期間が短いから・・・。

そして現在は・・・存在してなく
代わりに、このような施設があります。

Nec_0009 Nec_0010

エコフロンティアかさま・・・

名前からして、エコの最先端を行ってるのと思いきや
単なる、ゴミ焼却場と最終処分場です。

そして、この処理施設ができる前の景色がコレです。

Samu_2

Hujimi9

何度か、実際に見に行ったことがあるけど
本当に美しい湖でした。摩周湖のミニみたいな感じ!

ふじみ湖・・・(画像はふじみ湖プロジェクトYより借用)
周囲約1km最大水深39m湿地帯を伴い
夏場の渇水期でも水が懇々と湧き出る湧水湖
すぐ脇には、清流の涸沼川が流れ
それらの自然に、たくさんのトンボや蛍などが集い
新しい生態系が生まれオオタカなどの
野生動物や植物、昆虫たちの楽園でした。

実は、ふじみ湖ができる以前、この場所は小さな山で
1986年頃から、採石場として開発されましたが
開発当初から湧水が激しく、わずか数年で閉山
採石場は放棄されました。
採石場の穴は、1年足らずで満杯になり溢れ出し
その後、十数年でここまで自然が回復したのです。

人間が、採石場として破壊し尽くし荒廃した自然
山から湖に変わり、豊かな自然に生まれ変わり蘇った

キセキの湖・・・ふじみ湖

それを・・・もう一度破壊してしまう権利は・・・
私たち人間にあったのだろうか・・・?

3765_2

そして、本当にここが・・・
最終処分場として最適地だったのだろうか・・・
いまだに疑問である。

あれから十年近くになろうか・・・
反対派の方々が整備した遊歩道や見晴台なども
恐らくもう無いのであろう・・・。
ホームページなどの更新もほとんど止まっている・・・。

そして・・・
あと数年で、この処分場も満杯になり
その役目は焼却場と・・・残る課題
処分場の維持管理と言う事になる。
あれだけの湧水があった湖底だけに・・・
それを怠ると・・・心配ではある。

脇を流れる涸沼川は・・・流域数十万人
飲料水として取水されています。
人間の力は自然には及ばない!と言う事を・・・
教えてくれていた筈なんですけどね・・・

ふじみ湖は・・・。

そうならないことを祈ります。

|

« 蕎麦きり「山都」 笠間 | トップページ | 笠間稲荷神社 »

茨城」カテゴリの記事

コメント

この件はふじみ湖があった土地を所有しているのが私企業だったというのが良くなかったですね。
せめて、湖の保護のための団体が買収しておけばこうはならなかった筈です。
確かに私企業にとって固定資産税を取られ続けるだけの無駄な土地を遊ばせておくわけにはいかないですから。

投稿: はまだ | 2015年12月27日 (日) 08時39分

はまださん、ども!!

確かにそうですね・・・

企業にとってはただの土地ですからね・・・

残念です。

投稿: ヘボカル | 2016年1月 8日 (金) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198482/48466791

この記事へのトラックバック一覧です: キセキの湖「ふじみ湖」:

« 蕎麦きり「山都」 笠間 | トップページ | 笠間稲荷神社 »