« 登山ドライブ2010夏!~帰途編~ | トップページ | 手打ち蕎麦 いそやま »

2010年8月 3日 (火)

望遠レンズ

さて、そろそろNikonD5000を購入してから
1ヶ月がたとうとしています。
やっと、外でも思い切って、レンズ交換
出来るようになりました。(* ̄ー ̄*)

それまでは出来なかったので、駒ヶ岳なんかは
終止18-55mmの標準望遠レンズで撮影し
持ってきた55-200mmの望遠レンズは
一度も撮影しませんでした・・・。( ̄Д ̄;;

と言うわけなんで、望遠レンズはどんな絵になるのか
まったく分からないんで、55-200mmレンズをつけて
筑波山まで行ってみました。
*この時はまだ外でのレンズ交換が出来ません*

Dsc_0134 201008022208000

それにしても携帯の画質は最悪だな・・・。

今回の画像には、すべてレンズの焦点距離
表示してますので、何かの参考になればと思います。
*35mm換算ではありません*

Dsc_0004 Dsc_0005

ちなみに、付属の望遠レンズは・・・
AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
と言って、付属のレンズとしてはそこそこ評判がいいそうです。
(価格.comレビュー)

Dsc_0006 Dsc_0007

さすがに望遠レンズだけあって、55mmでは
建物や大きなものの全体像を捕らえるのは無理です。

Dsc_0008 Dsc_0010

近くのものは、最小焦点でもかなり大きく見れます。

Dsc_0011

今まで風景ばかり撮ってたせいか、55mmばかりに
なってる・・・( ̄Д ̄;;
うう~、もっと広く撮りたい・・・(´・ω・`)ショボーン

Dsc_0017 Dsc_0018

こういうのが無いと分かりにくいですよね。
同じ場所からの画像ですが、それでも116mm
しか使ってない・・・。

Dsc_0020

今回の筑波山なんですが、先週の靴擦れの失敗を踏まえ
買った登山ブーツの履き慣らしのために少し歩きたいので
ケーブルカーを利用して山頂まで行き、徒歩で下山します。
ただし、一度つつじヶ丘まで行き神社まで帰ってくると言う
約5kmのロングコースです。

Dsc_0028 Dsc_0026

七夕は過ぎてましたが、筑波山の御幸ヶ原は短冊で
いっぱいでした。
ただし、全体像は写せません。( ̄Д ̄;;

Dsc_0030 Dsc_0038

ちょっと高いところまで上がると、何とか全体像が
判って貰えるかも・・・。

Dsc_0033 Dsc_0035

筑波山で遊んでるついでなので、なかなか比較できる
画像はありません。
ちなみに、このニッコウキスゲと思われる植物は
自生ではありません。

Dsc_0039 Dsc_0041

小さい物を拡大する能力は、さすが200mmレンズ
言ったところでしょうか!

Dsc_0049 Dsc_0044

あとは、なんとなくピンポイントな感じに写るので
遠くのを55mmで撮ると、あまり面白くない画像になります。

Dsc_0055 Dsc_0065

拡大は流石に得意そうです。
離れたところから拡大すると、ボケの感じが良くなりますね。

Dsc_0085 Dsc_0084

これも、同じ位置からの比較です。
まだまだ拡大に余力があるのがすごいです。

Dsc_0096 Dsc_0098

割と暗いところなんだけど、フラッシュ、三脚なしで
これだけ撮れるなんて、かなり良いレンズだと思います。

オレの腕がいいのかも知らないけど・・・。(゚m゚*)

と言うわけで、いかがだったでしょうか?
オレ的には、花なんかを撮るのはこのレンズのほうが
大きく撮れるので良い感じがします。
絶景を撮るのは、やはり広角の方が良いですね。

ちなみに・・・

このブログを書いてる時点では、霧が立ち込める
某山の中で、レンズ交換しまくってます。

何事も経験と慣れですね。(v^ー゜)ヤッタネ!!

PS
筑波山のこのコース・・・下山で2時間以上かかりました。

 

おわり

|

« 登山ドライブ2010夏!~帰途編~ | トップページ | 手打ち蕎麦 いそやま »

登山・トレッキング・スキー」カテゴリの記事

百名山」カテゴリの記事

茨城」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198482/49051944

この記事へのトラックバック一覧です: 望遠レンズ:

« 登山ドライブ2010夏!~帰途編~ | トップページ | 手打ち蕎麦 いそやま »