« キャンプin上小川キャンプ場 | トップページ | 月待の滝ともみじ苑 »

2011年1月19日 (水)

雪と氷の袋田の滝

キャンプ場から、どこに行くのかと言うと・・・

もちろん袋田の滝!

雪と氷の袋田の滝なんて、滅多に見れるものではないでしょ!?

Dsc_0224 Dsc_0225

周りの景色も、雪化粧でまるで雪国に来てるみたい!

時間は9時近くになってたので、受付も開いてるので
また300円支払わないといけませんが、このためには惜しくないです。
てか、かなり良心的な値段だと思うけど?o(*^▽^*)o
Dsc_0226 Dsc_0228

町営の無料駐車場からはちょっと歩きますが、平坦な道ですので
のんびり歩いていけば、すぐにつきます。

Dsc_0229 Dsc_0227

いのしし料理の店ではイノシシの剥製が出迎えてくれたり
凍りついた川面を眺めながら・・・

Dsc_0231

鴨達も寒そうですがとても元気でした。o(*^▽^*)o

Dsc_0233 Dsc_0240

滝までの沿道は、さながら山奥の寒村にでも来たかのよう!

Dsc_0241 Dsc_0242

この時間だと、人影もまばらですね。
紅葉の時期だとトンデモ混雑らしいんですがね・・・行ったことないけど。

Dsc_0244

そして、凍てつく袋田の滝!!

Dsc_0255 Dsc_0250

昨日にも増して迫力がありますね!!

この辺は、低山ながらけっこう険しい山体なんだなぁ~っと
長い年月をかけて、袋田の滝の水が削っていったんでしょうな。

Dsc_0271 Dsc_0272

素朴な疑問なんだけど・・・このエレベーターって・・・
時間外で無料開放されてる時って動いてるんだろうか?
誰か教えて!!

Dsc_0273

第二展望台からは日差しがまぶしい!!ヽ(´▽`)/
今日も良い天気ですね!!(* ̄ー ̄*)

Dsc_0286

逆行だからフレアだらけで、まともな写真がない・・・
レンズ汚れてるのかなぁ~?┐( ̄ヘ ̄)┌

Dsc_0290 Dsc_0297

でもまあ、こんな感じでした。

Dsc_0306

一通り撮り終えたので戻ります。

Dsc_0309 Dsc_0312

帰りはつり橋を渡って・・・。

Dsc_0315 Dsc_0317

川の岩に雪が積もってモコモコ状態!!
途中、分岐があり登山コースとなってます。

Dsc_0316

誰か行ってる形跡あり!!Σ( ̄ロ ̄lll)

オレも雪じゃなかったら、このまま生瀬富士の登山コースに入って
月待ちの滝まで行き蕎麦を食べて、袋田の滝まで電車で帰ってこようと
思ってたんだけど・・・それはやめときます。(lll゚Д゚)

Dsc_0323 Dsc_0324

階段を登って生瀬滝を見るだけにしておきます。……(ノ゚ο゚)ノ
一応ゴアテックスの登山ブーツ着用ですので楽勝です。
帰りは怖かったけど・・・。

Dsc_0327

途中に大きな氷柱を見つけつつ進むと・・・行き止まり。
あれっ?生瀬滝の近くまで行けるんじゃないのか?(゚0゚)?

Dsc_0329

展望台っぽくなってるだけなんだけど・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

Dsc_0336 Dsc_0343

と言うわけで、これが生瀬滝で袋田の滝のミニって感じです。
で、この切立った崖が生瀬富士の登山コースの一部で、この崖から
滝を眺めるのが乙なんだそうです。こわっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

Dsc_0345

けっこう登ったんですね!!第二展望台が遥か下です。

Dsc_0350

けっこう雪が積もってますが・・・

Dsc_0357 Dsc_0353_2

木々についた雪は、この日差しで急速に解けていってます。
そして、道路も日陰以外ほとんどドライになってました。

さてっ、キャンプ場に戻り・・・撤収しますか。

つづく・・・

|

« キャンプin上小川キャンプ場 | トップページ | 月待の滝ともみじ苑 »

弾丸ドライブ・車関係」カテゴリの記事

茨城」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198482/50631732

この記事へのトラックバック一覧です: 雪と氷の袋田の滝:

« キャンプin上小川キャンプ場 | トップページ | 月待の滝ともみじ苑 »