« 2016お正月だよ温泉ツアー!1日目 | トップページ | 2016お正月だよ温泉ツアー!2日目後編 »

2016年1月23日 (土)

2016お正月だよ温泉ツアー!2日目前編

さて、お正月の温泉ツアー2日目・・・

朝から白濁の温泉で雪見風呂!!

そんなこんな天気の・・・

昨夜の雪は・・・

Dsc00032

まあこんな感じで・・・

大して積もってませんでした。

んで、今日の予定は・・・

ハニーを温泉施設に置いてオイラはスキー三昧!!

ですが・・・

福島安達太良地方は雪が・・・

無いんですけど!?Σ( ̄ロ ̄lll)

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

取りあえず温泉につかりつつ・・・

Dsc00031

朝食はこんな感じでした。

そして温泉施設が10時オープンと言う事で・・・

9時頃チェックアウトしました。

Dsc00037

初の雪山を過ごしたオイラのヴェゼリン。

さすがSUV!

なんてことはありませんし雪が良く似合います。

Dsc00038

地図上では野地温泉から箕輪スキー場に行ける感じだったので・・・

雪深い道を進み・・・

新野地温泉を越えると・・・

Dsc00039

この先行き止まりと言う事で・・・

箕輪ではなく安達太良方面に向かいます。

Dsc00048

途中、土湯の道の駅付近で綺麗な虹が見れました。

何気に雨降ってたんですよね・・・

Dsc00051

そして、とりあえず通り沿いにあったスキー場へ・・・

なんかこの感じ・・・

雪なさそうじゃね?(´・ω・`)ショボーン

Dsc00052

そんな感じで、ローカルスキー場の二本松塩沢スキー場へ・・・

あらら・・・

土が見えちゃってるよ・・・

Dsc00053

取りあえずリフトは動いてるようですが・・・

これでは滑れませんね。

なのでスキーは諦めます。

HPで確認するとあだたら高原も同じような感じらしいので・・・

Dsc00054

せっかくなので安達太良高原野営場も視察。

物好きな人がテント張ってましたよ。

しかもバイクで来てるようでした。

誰だ?

そんな野営場の前の温泉施設。

Dsc00059

スカイピア安達太良の温泉に入ります。

高規格な温泉施設で・・・

源泉から離れているので温いですが・・・

けっこうゆっくりできましたよ。

Dsc00056

また、露天風呂はありませんが・・・

浴室からガラス越しに安達太良の山々が美しい。

割と雪が積もってそうですが・・・

安達太良高原スキー場は冬季はゴンドラ動かして無いので・・・

低い所のゲレンデなんですよね。

上部のゲレンデ再会してくれないかな・・・

Dsc00062

温泉のあとは岳温泉界隈をぶらり・・・

Dsc00063

昼飯は成駒食堂で!

っと思ったけど、正月で休みでした。

では何処でご飯食べようか?

メンドクサイからSAでよくね?

と言う事になったんだけども・・・

時間が余ったので・・・

どっか観光しようと言う事になりました。

Dsc00064

天気は山を降りたら急速に回復。

そして高速に乗り・・・

Dsc00067

阿武隈高原SAで飯を食おうかと思ったけど・・・

どうせなら行く予定の観光施設で食おうとういう事になりまして・・・

小野ICで高速を降りてやってきたのはこちら・・・

Imgp0135

デデーーンとこんな感じの所なんですが・・・

分かりますか?

そう、ここは・・・

Dsc00072

阿武隈洞です。

オイラ的には、おそらく30年以上ぶりの訪問。(◎´∀`)ノ

一昨年、岩手の鍾乳洞に行った以来の鍾乳洞。

けっこうこう言うの好きなんですよね。

って事で・・・

次回は・・・

阿武隈洞の美しい景色をお届けします。

楽しみにしていてください。

次回画像が多いので今回はこれ位で勘弁!

つづく・・・

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

|

« 2016お正月だよ温泉ツアー!1日目 | トップページ | 2016お正月だよ温泉ツアー!2日目後編 »

弾丸ドライブ・車関係」カテゴリの記事

東北」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198482/63110000

この記事へのトラックバック一覧です: 2016お正月だよ温泉ツアー!2日目前編:

« 2016お正月だよ温泉ツアー!1日目 | トップページ | 2016お正月だよ温泉ツアー!2日目後編 »