« 2017那須連峰登山。 | トップページ | キノコハント!マツタケまでの道・・・前編 »

2017年10月 2日 (月)

茨城県北プチドライブ!

9月某平日・・・

ハニーの休みに合わせて有給を使い・・・

茨城県北部をプチドライブ!!(◎´∀`)ノ

普段見ているオイラが知る茨城と違った景色を・・・

北部にはたくさんあるので行ってみようと思います。

まずは茨城差北部、おぐ茨城村・・・

じゃなくて、北茨城五浦にある・・・

Dsc_0529

六角堂!!ヽ(´▽`)/

ここは、かの岡倉天心が思想に耽ったところで・・・

非常に素晴らしい所であります。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

茨城県南部、また都心からは150㎞~200㎞の距離。

Dsc_0521

海岸沿いR6から少し海に入ったとこにヒッソリとそれはあります。

こちらが五浦六角堂入り口。

何気ない外観の建物ですが・・・国の重要文化財です。

Dsc_0501

また六角堂と、この園内にある天心の屋敷跡など・・・

Dsc_0520

茨城県初の登録記念物になっています。

Dsc_0519

園内には天心のことが知ることができる展示施設や・・・

Dsc_0516

所縁の人の銅像などがありまして・・・

Dsc_0517

この雰囲気のある庭園を進むと・・・

Dsc_0504

断崖と岩場が広がる海が見えてきます。

Dsc_0505

そんな海にせり出した先にあるのが六角堂。

件の東日本大震災では津波で流失してしまいましたが・・・

創建当時と同じように再建されました。

Dsc_0511

そんな六角堂からの景色は美しい!!

Dsc_0509

ここから波を見ているだけで確かにのんびりと・・・

物思いにふけることが出来そうです。

それと、あの断崖に建っているホテル・・・

なんか雰囲気良いですよね。

Dsc_0512

そして芝生の公園の中には・・・

Dsc_0515

天心が暮らした屋敷の跡があります。

係員のおじさんがいろいろ教えてくれまして・・・

Dsc_0507

震災時のことやあの岬にある塔は鎮魂の為で・・・

北茨城も数名の犠牲者が出たことと・・・

福島から先の犠牲者をも見守っているそうです。

Dsc_0522

六角堂を後にしたら、その鎮魂の塔へ!

手前には灯台がありましたが入れはしませんでした。

Dsc_0524

そして五浦岬公園からの景色は・・・

Dsc_0525

対岸に六角堂が見ることができます。

Dsc_0527

そして塔に登ると・・・

Dsc_0530

太平洋を一望と・・・

Dsc_0531

空からの六角堂五浦の海もまた良い。

Dsc_0534

茨城の松島とはよく言ったもので・・・

雰囲気のある岩場とリアス式の海岸が美しい!!

ここを茨城とは県南の人たちには思えないでしょうね。

Dsc_0537

岬公園内には日本美術研究所の建物があって・・・

Dsc_0538

実はこれは映画天心のロケセットだそうで・・・

まあ当時も・・・

ここに東京藝術大学の前身日本美術学院があったようなので・・・

Dsc_0539

当時も、この景色を見ながら創作に当たっていたんでしょうね。

さて五浦は、このように景勝地であるわけなのですが・・・

実は、おそらく茨城一番の温泉もあるのです。

Dsc_0540

それがこちらの五浦観光ホテル!

六角堂から見た断崖に建っていたホテルでして・・・

その別館が日帰り温泉として利用できます。

ただ、ホテルの施設ですので時間に制限があります。

施設で要確認ですが・・・

11:00~15:00と18:00~21:00で料金は1000円です。

この1000円には500円のレストラン券がついてまして・・・

のちほど隣のレストランで利用したいと思います。

Dsc_0542

温泉までは味のある長い廊下を通り・・・

Dsc_0543

さすがホテルの設備ですので綺麗な露天風呂!

そしてなんといっても・・・

Dsc_0548

プライベートビーチのオーシャンビュー!!

お風呂に使っていると波音が心地よい。

Dsc_0546

泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉で・・・

源泉温度は70度以上の本格派!

うっすらと琥珀色の源泉かけ流しの最高の湯でした。

つーか、茨城で一番のお湯ではないでしょうか?

ここで日の出を見ながら朝風呂なんて最高でしょうね。

ちなみにこの場所・・・

日本の渚100選、音風景100選、白砂青松100選に選ばれてます。

Dsc_0552

最高の湯の後はホテル併設のレストラン椿にて・・・

六角堂と打ち付ける波を見ながら・・・

Dsc_0554

食事を頂きますが・・・

Dsc_0553

美味しい食事が頂けます。

温泉でもらったチケットを使うと500円引きでお得!

実質1300円(1800円)でしたぁ~~♪

味の方もまずまずで・・・

下手に市場の食堂とか行かなくてもいいかもしれません。

ちなみに当日は、大津漁港の市場食堂にも行きましたが・・・

水曜定休日でした。Σ( ̄ロ ̄lll)

Dsc_0556

五浦の後は・・・

こちらにやってきました。

ここは日本で唯一、ウミウの捕獲が許されている場所で・・・

その名も鵜の岬。

日本一予約の取れない人気の国民宿舎鵜の岬のあるところです。

そんなウミウの捕獲上はこの時期見学できるのですが・・・

残念ながら2時までで20分ほど過ぎてしまい公開終了でした。

何度もここには来ているけど、一度も見れたことがないよ・・・

Dsc_0558

そんな鵜の岬の海はこんな感じで・・・

ほぼ国民宿舎のプライベートビーチとなってます。

Dsc_0562

そして隣にある伊師浜海岸は茨城人気の快水浴場。

美しい白浜が魅力ですが、この時期は海が荒れてますね。

Dsc_0564

ここに来た理由は、またも温泉。

国民宿舎鵜の岬に併設されている日帰り温泉施設

うららの湯十王!!

Dsc_0565

気分は鵜の岬に宿泊した感じですが・・・

残念ながら温泉だけですね。

こちらの湯も同じくナトリウム塩化物泉ですが無色透明で

特に泉質について特質することは無くサウナなどの付帯設備が

さすがに綺麗に整備された施設でした。

後は高台の3階露天風呂からの眺めが最高でした。

そんな訳で・・・

以上で茨城北部観光は終了。

帰りは平日のため日立市内の大渋滞にはまりまくり・・・

Dsc_0566

夕食は生活圏内のつくば市研究学園に新しくできた・・・

いきなりステーキ!

っと思いましたが・・・

大混雑で並んでいたため・・・

Dsc_0567

その近くにあった、くら寿司で・・・

Dsc_0568

昼も夜も海鮮系となりました。

Dsc_0569

ビックらぽんでヨーヨーもGET!

そんな感じの茨城北部ドライブいかがだったでしょうか?

平地で田んぼの広がるイメージの茨城県ですが・・・

北部には茨城らしくない景勝地がたくさんあります。

距離も都心から程よく遠くそして近い・・・

また良い宿もありそうなので宿泊もありでしょう!!

秋の行楽シーズン・・・

この辺りを攻めてみるのもアリではないでしょうか?

おわり。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


|

« 2017那須連峰登山。 | トップページ | キノコハント!マツタケまでの道・・・前編 »

弾丸ドライブ・車関係」カテゴリの記事

茨城」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198482/65855582

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県北プチドライブ!:

« 2017那須連峰登山。 | トップページ | キノコハント!マツタケまでの道・・・前編 »