« 茨城県庁ツーリング! | トップページ | 茨城県北ジオパーク認定取り消し・・・ »

2017年12月19日 (火)

花貫渓谷~袋田の滝ドライブ!

11月某日・・・

平日に用事があって有給を使いました。

んでもって、その用事が終わったので・・・

ハニーと一緒にそのままドライブ!

つっても、そんな遠出はできないので・・・

茨城北部をドライブしてこようと思います。

Dsc_0866

例によって、雲一つない晴天!!

最高のドライブ日和となりました。(◎´∀`)ノ

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

んでもって、まずは・・・

海の見えるダムとして有名な花貫ダムにやってきました。

Dsc_0867

と言っても、割とこじんまりとしたダムですね。

Dsc_0869

当然、ダムがあったら渡るのが習わしですので・・・

そしてダムから見える海とはどんな感じなのか?

Dsc_0876

ちなみにこの辺り、日立から北茨城にかけての茨城北部沿岸は

海からほとんど平地がなく山になっていきます。

まあ、山と言っても数百メートル級のそんなに高い訳ではないですが・・・

そんな南北にのびる山々を日立アルプスと呼ぶこともあります。

Dsc_0872

そしてダムのある花貫川の渓谷沿いに見えるのが太平洋!

こんな感じで日本で珍しい海の見えるダムとなっています。

山と海が近くてダムが作れるくらい山深いこの地形だからできる

茨城県北部の奇跡の地形と言ってもいいかもしれませんね。

ちなみに、この辺から袋田の滝を含めて・・・

日本最古の5億年前の地層から現代まで続く貴重な地形として・・・

日本ジオパークに指定され茨城県北ジオパークというらしいです。

Dsc_0885

そんな花貫ダムの先に花貫渓谷があります。

道も良く整備されていて、ドライブやツーリングにも良いルートです。

Dsc_0884

渓谷入り口には臨時駐車場が整備され・・・

この紅葉の時期は渓谷内に車で行くことはできなくなっています。

(通常時は車で行くこともできるし無料開放されている)

そしてその臨時駐車場では臨時の売店などが整備され・・・

炊きこみごはん、けんちん汁など頂いてから渓谷散策に向かいます。

Dsc_0886

花貫渓谷の散策はメインである汐見滝吊り橋に行くことになります。

駐車場からは徒歩で15分ほどで到着です。

Dsc_0888

この時は、紅葉終わりかけでしたが・・・

所々にはこのように見ごろの紅葉もあり目の保養になります。

Dsc_0894

そして汐見滝吊り橋到着。

本当は全部がもみじで真っ赤に染まるはずですが・・・

この辺りのもみじはほとんど散ってしまってました。

Dsc_0901

でもこの吊り橋は雰囲気が良いですねぇ~♪

夏はこの川でバーベキューなどもできるようでキャンプ場もあります。

Dsc_0907

少し残っていたもみじを入れると良い感じですね。

Dsc_0891

ちなみに、この小さな滝が汐見滝です。

その他にもいくつかの滝があって・・・

Dsc_0913

散策していくと案内看板があり・・・

カッパの伝説もある?

マジか?Σ( ̄ロ ̄lll)

Dsc_0911

こちらは乙女の滝で・・・

Dsc_0914

こちらは不動滝。

どちらも高さ数メートルほどの小さな滝です。

でも水は綺麗で深みもあって雰囲気は良いですよ。

Dsc_0916

そして駐車場に戻ると・・・

なんか猿まわしみたいのやってますいて・・・

先ほどの看板の猿出没注意はこういう事?

そんな訳で、花貫渓谷はこんな感じでした。

そのあとは、国道461号から349に入り・・・

県道22号猪ノ鼻峠を使って国道461に再合流して・・・

袋田の滝に向かいます。

Dsc_0918

猪ノ鼻峠はちょっと狭い場所もありますが・・・

まあ、意外と森林の中を行く景色の良い道でした。

そして夕方の袋田の滝に到着。

Dsc_0919

だいぶ日が傾いてきたので夕日が紅葉をよく照らす。

Dsc_0920

割と良い雰囲気の紅葉を見つつ・・・

Dsc_0922

袋田の滝入口まで向かいます。

ちなみに中央の空色のジャンバーはハニーでして・・・

県北は思った以上に気温が低くて、持ってきた服装では寒かった!

偶然車に入っていたバイク用の防寒カッパが役に立ちましたよ。

Dsc_0924

袋田の滝の入場料を支払いトンネルをくぐります。

今年のこのトンネルのテーマはミラーボール?

結構いっぱい飾ってありましたよ。

Dsc_0927

そしてまずは第一観瀑台からの袋田の滝。

水量は少なめですね。

Dsc_0951

周りの色づいた葉っぱも落ちまくって・・・

紅葉は時期的に終わりかけでしたね。

それでもエレベーターで昇った上段にある第二観瀑台からは・・・

Dsc_0932

残った紅葉が雰囲気のあるいい景色でした。

Dsc_0941

そして日が傾き、赤くなりかけた太陽が岩壁を照らします。

その雰囲気もまた素晴らしい感じになってきて・・・

やはり袋田の滝は、茨城の中ではガチな観光地だと感じました。

Dsc_0953

袋田の滝は、この時期ライトアップされるのだけど・・・

まあ、時間も遅くなってしまいそうなので帰りましょう。

Dsc_0960

つり橋を渡り・・・

そして振り返る先にある袋田の滝。

Dsc_0959

ライトアップされたらさぞ綺麗なんだろうなぁ~・・・

後ろ髪引かれつつ下っていくと・・・

せっかくなので鮎でも食ってこうといくつかの店を回り・・・

そして鮎を頂いていたら、空は真っ暗に!!

これは行かないと損じゃない?っと、ハニーも言ってくれまして

それではと袋田の滝に戻ります。

ちなみに袋田の滝の入場券は当日何回でも利用可能なので

またトンネルをくぐって・・・

Dsc_0964

まずは第一観瀑台から!!

これはビューティフル過ぎる!!(≧m≦)

Dsc_0969

そして第二観瀑台からは・・・

アメージング!!(*≧m≦*)

暗闇に浮かぶ袋田の滝がまるで銀河のように光り輝く!!

これは素晴らしいです!!

Dsc_0972

眼下に見える先ほどの吊り橋も雰囲気が出ております。

Dsc_0973

そんな吊り橋からは、これもいい感じですね!!

Dsc_0978

滝の下流には流れた岩がゴツゴツと!!

この独特の景観とライトの光が相まって不思議な空間を演出!

Dsc_0979

いやぁ~、これマジで・・・

一度は見に行った方がいいと思いますよ。

ちょっと感動します。

茨城県北なので、なかなか都心からは遠いでしょうが・・・

冬なら5時には暗くなり十分ライトアップ見れるでしょう!

そして、6時に帰ればPAやらどこかで夕ご飯食べつつ・・・

8時過ぎには都心に帰ることも可能だと思ういますが・・・

まあ、せっかくなので泊まるというのもアリではないでしょうか?

袋田の滝周辺にはいくつかのホテルや旅館があり温泉もありますから。

Dsc_0984

そんなオイラ達も7時半ごろにはつくば市内に戻り・・・

某ステーキ宮で夕食をとって帰宅しました。

そんな訳で、いかがだったでしょうか?

ここ数週間にわたる茨城ネタですが・・・

いい加減飽きて来たって?

ご安心ください!!

次回からは・・・

なんと・・・

・・・

次回は・・・

次回も・・・

もっ?

・・・

・・・

はいっ!次回も茨城ネタです!!

その代わり今度はキャンプツーリングの話ですので・・・

ご期待ください。

久し振りのキャンプツーリングは・・・

茨城でもっとも有名なあのキャンプ場ですよ!!

懐かしいなぁ~~~!!

おわり。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

|

« 茨城県庁ツーリング! | トップページ | 茨城県北ジオパーク認定取り消し・・・ »

弾丸ドライブ・車関係」カテゴリの記事

茨城」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198482/66167993

この記事へのトラックバック一覧です: 花貫渓谷~袋田の滝ドライブ!:

« 茨城県庁ツーリング! | トップページ | 茨城県北ジオパーク認定取り消し・・・ »